東和薬品をはじめとする数社の製薬会社から発売されました
logo-
最大の利点は、価格の安さにあります


バイアグラの特許が2013年を皮切りに、最終的に2014年5月13日に用途特許が最後に終了となりました。それは、この薬を使用している男性たちには朗報に違いないでしょう。

医薬品は最初に開発するときに膨大な金額が投資され、研究開発をするのに数年以上かかります。この開発費が薬の価格に反映されるので最初に発売された薬の価格が高くなり、四半期ごとに継続的に引き上げられます。ファイザー社が1990年代に開発されたバイアグラも変わらず、発売当初当時の価格は30錠で約2万5000円から始まり、最近では100mg1錠あたりの価格が3500円を超えています。

最近ではバイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルにより合法的に製造されたジェネリックが、国内では東和薬品をはじめとする数社の製薬会社から発売されました。そしてインドではカマグラ、スハグラという名前の薬が発売、販売されています。この薬は効果や副作用、体内で血流に作用するメカニズムまで先発医薬品と同じです。

ただし、薬を製造する際に製造会社によって製法が少しずつ異なることがありますので、その部分で影響を受けることがある場合もありますが、その影響はほとんど微々たるものです。

後発医薬品であるジェネリック医薬品の最大の利点は、価格の安さにあります。毎日使用するような品質のED薬をより安く購入できると、服用者には経済的に大きな助けとなるでしょう。

バイアグラのジェネリックのうち推薦することができる治療薬は、アメリカから出荷されているcipla docのシルデナフィルという薬です。薬の名称と成分の名称が同じのため、消費者の立場では間違えてしまう場合もあり得ますが、ジェネリックの商品名では一般的なことです。ただし、製薬会社の名前を前に付けることで薬を判別することができます。

価格はインド発の薬よりも高いですが、バイアグラより安価です。しかし、アメリカから出荷されている医薬品であるため、その品質が安全で信用できるというメリットがあります。